四日市と伊勢志摩ナンバーが交付された影響と評判


三重の国からどうもひろっちです。

 

 

 

今日はなかなかグットでしたね。
最後の川崎12Rも見事ゲットして3戦全勝で終えることができました。

 

 

 

本日の結果速報はこちらのブログで確認

 

 

 

ミエケイバ(三重競馬)は三重県の競馬好きが集う
競馬がテーマのブログですが

 

 

 

たまには世間話もしていきたいなと思ってます。

 

 

 

最近の三重ネタでいうと、
個人的にはコロナの問題より

 

 

 

新交付された車のナンバーについて、の方が気になっていました。

 

 

新たに交付された三重の新ナンバーたち

 

 

今回、新たに登場した三重県内のナンバーは

 

 

 

四日市ナンバー

 

 

 

伊勢志摩ナンバー です。

 

 

 

四日市ナンバーについては
三重県の中でも最も都会で人口が多い四日市のナンバーなので

 

 

 

まあ、アリかなと思います。

 

 

 

しかし

 

 

 

伊勢志摩ナンバーについては
なんか微妙・・という感じがしてなりません。

 

 

 

その理由としては
シンプルに

 

 

 

「伊勢志摩ナンバーってただの田舎ナンバーやん」

 

 

 

という目で見られることはまぁほぼほぼ間違いないw

 

 

伊勢志摩ナンバーの影響について推測

 

津とか四日市で伊勢志摩ナンバーを見かけたら

 

 

 

「なんじゃあの田舎ナンバーは」
という感じで

 

 

 

煽られたり、半端な走り方をしていると
よりクラクションの餌食にされたり

 

 

 

そのような間接的影響が出そうな予感がしますw

 

 

 

SNS上のクチコミや評判においても
やはりそのような「ただの田舎丸出しナンバーやん」という意見はちょくちょく見受けられました。

 

 

 

少なくとも三重県内においては、ですね。

 

 

 

しかし、全国的に見ると
ネームバリューとしての価値は四日市ナンバーよりは伊勢志摩ナンバーの方がある気がします。

 

 

 

東京の首都高で颯爽と走る
品川ナンバーや練馬ナンバー、横浜ナンバーといった都会の一流ナンバーを横目に

 

 

 

伊勢志摩ナンバーが追い越し車線からブイーン

 

 

 

おそらく、都会の人達は
目が釘付けになるでしょう。

 

 

 

「あぁ!伊勢志摩〜☆彡」

 

 

 

伊勢神宮行きたいね〜キラーンみたいな。

 

 

 

そう考えると、
伊勢志摩ナンバーってそれだけで宣伝効果の影響も見込めそうです。

 

 

四日市ナンバーの影響について推測

 

逆に
四日市ナンバーが首都高をブイーンと走っていたら

 

 

 

「四日市?あのキッたねぇ町か」

 

 

 

マイナスイメージにしかならないような気がしなくもないですw
(四日市大好きです。)

 

 

 

まあ、この話は
あくまで僕の個人とSNS上の見解を一部加味したものですが

 

 

 

三重県民として取り残された
伊賀忍者ナンバーがいつ交付されるのかとヒヤヒヤせずにはいられませんw

 

 

 

なんだか、速そうですけどね。

 

 

 

因みに、新ナンバーは二枚一組で¥7500となっています。