競馬はゲーム!基本的な取り組み方を心得てボスに勝とう!


三重の国からどうもひろっちです。

 

 

 

競馬はギャンブルだ!
と思っている人はこの先読むことをおすすめします。

 

 

 

競馬はギャンブルではない!
と思っている人には必要ないのかもしれません。

 

 

 

競馬でも競艇でもその他のギャンブルでも、
一度はこのように思ったことがある人も多いのではないでしょうか?

 

 

 

「10分前に戻りたい」

 

 

 

10分前、何が行われていたのか?

 

 

 

あなたは発券器の前で並んでいる。
お金を入れ、ペンで塗りつぶしたマークシートを挿入し馬券を購入していた。

 

 

 

10分後・・・

 

 

 

あなたが購入した馬券の軸である
タイムマシンは5着に敗れ、馬券はハズレた。

 

 

 

一万円の損失。

 

 

 

「あぁ10分前に戻りてぇ」

 

 

 

賭けた金額が1万円だったからよかったものの、
これが10万円100万円と金額が大きくなるにつれて

 

 

 

時間を戻してくれ、という後悔と
現状にうなだれる様に落胆している。

 

 

 

大事な小遣いだったんだ。
飲みにもいけねぇよ。

 

 

 

携帯代も支払わなくちゃいけねーし。

 

 

 

どうすっかな・・

 

 

 

そのような経験、一度は経験したことがある人は多いのではないでしょうかw
勿論、私もあります。

 

 

 

昔、新聞屋さんで働いていた時、
集金代のお金を使って競馬をし負けてしまったことも。

 

 

 

なんとか工面しましたが
そりゃもう焦りに焦って生きた心地がしませんでしたw

 

 

競馬とは何か?

 

 

競馬はギャンブルだと言えば確かにそう言えるところもあると思います。

 

 

 

しかし、ギャンブルかどうかというのは
”自分の買い方次第”です。

 

 

 

自分の使える資金の範囲内で遊んでいる人もいれば
使える資金の範囲外に手を伸ばす人もいる。

 

 

 

その違いがどこから生み出されるのかという部分が
買い方の部分です。
⇒買い方の話についてはこちらをご覧ください

 

 

 

楽しめる範囲の資金でしているか そうでないか。

 

 

 

月に100万の収入がある人なら1万円の損失は軽いダメージでしょう。
しかし月20万円の人にとっては1万円は大きなダメージでしょう。

 

 

競馬とは30分後の未来を予測するゲーム

 

 

競馬は30分後の未来を予測するゲームです。

 

 

 

それ以上でもそれ以下でもありません。
それしかないです。

 

 

 

30分間隔でレースは行われ
30分後には結果が出ます。

 

 

 

新聞やネットの情報を参考にしながら
30分後の未来を予測します。

 

 

 

未来を予測する上で
判断材料となるものが

 

 

 

コース・距離・馬場状態・馬の調子・馬の実力・成績
など

 

 

 

その上で、
他馬との相対関係、科学的根拠では読解できない状況なども加味されます。

 

 

 

つまり、

 

 

 

「絶対に予測できる未来なんてありえないのです!」

 

 

 

まず、この考えを頭に叩き込んでおかないと
詐欺まがいの予想家や情報に振り回されることにも繋がってしまいます。

 

 

 

その上で、
確率。

 

 

 

未来を完璧に予想することはありえないことだけど、
確率的に予測をすることはできる。

 

 

 

70%くらい予測はできる、
60%くらい
50%くらい
30%くらい
10%でも

 

 

 

確率のモノサシ(指標)になるものが
回収率とか軸率とか的中率。

 

 

 

その要素が
30分後の未来予測ゲームに強い人です。

 

 

 

そのため
ゲームが強い人がゲームに弱い人に教えてその対価としてお金をもらう。
勉強できない人が勉強できる人に教えてもらってその対価としてお金をもらう。

 

 

 

競馬はビジネスと同じ方程式が成り立ちます。
それも教育系のビジネス。

 

 

 

教える対価としてお金をもらうっていう。

 

 

 

しかし、忘れてはいけないのが本質の部分
必ず原点に戻る場所を覚えておかないと自分を見失うことになります。

 

 

 

未来を完璧に予測できる人なんて存在しない!

 

 

 

↑↑
30分後にこの結果を予想するゲームです。

 

 

 

完璧に未来を予想できる人がいるとしたら
6-5-8を一点で取れるでしょう。

 

 

 

何度も言いますが、
そんな人はいませんw

 

 

 

ですが、
点数は度外視して当てるにフォーカスすれば取れなくもないです。

 

 

 

結果として、配当が9万円ほどついていますので、
一点100円を900点以下で買えば利益は出せた、という結果論です。

 

 

 

この話を聞いたらなんとな〜く取れる気がしてきませんか?

 

 

 

多くの人は競馬ゲームの基礎能力を身につけないまま競馬に取り組んでしまっています。
なんとな〜くでしてしまっている。

 

 

競馬ゲームの基礎能力を身につけ、基本的な取り組み方を覚えよう

 

 

競馬という30分後の未来を予測するゲームにおいては
レース選び、がとても重要になるわけです。

 

 

 

カツオ漁船に乗ってサバを狙っても仕方がない。

 

 

 

あなたの買い方によってのレース選びが大事。
それによって、取れる未来の確率を上げることができるのです。

 

 

 

3連系で大きなところを狙う人はこういうレースを選択します。

 

 

 

多数頭かつ混戦模様も軸がしっかりしているレース。

 

 

 

30分後の未来は予測できないまでも、
多数頭かつ混戦模様も軸がしっかりしているレースかどうかを予測することは
それほど難しいことではありません。

 

 

 

逆を言えば堅そうなレースってやはり固く決まることが多いでしょう?

 

 

 

勿論、その固く決まるはずの馬が飛んで大荒れということもありますが、
確率論で考えればそれほど多くはありません。

 

 

 

3連系で行く場合、
まずは軸率を上げ、上記の条件を意識し、トリガミはシカト。

 

 

 

それができたら

 

 

 

コース別、距離別、馬券の種類別の平均配当を調べ、
合致させていけばよいです。

 

 

 

例えば、
東京、芝1400m、3連複平均配当16890円とすると、
配当金から2〜3割減らした7,8割の点数で買ってみる。
(最初の内は8割程度からがおすすめ、慣らしてるうちはね。)

 

 

 

16890×0.8=13512

 

 

 

13512円ということは
135点で買いに行けるということです。

 

 

 

因みに、3連系馬券だと点数が多くなりがちで計算が面倒くさい!
そんな方向けに以下の記事を作成しましたので参考にしてみてください。

 

⇒3連単馬券を手っ取り早く簡単に計算できるツール

 

 

 

以上、競馬という未来を予測するゲームの一つの基本的な取り組み方@です。
ありがとうございました。